私は、車は持ってないけど、ちょっとした旅行とかならレンタカーを借りています。維持費とか、いろいろ考えたらレンタカーの方が割安ですから。
ところで、レンタカー借りるとき免許証の他に住所確認、本人確認ができる書類が必要なんですよね。
で、万が一、忘れてしまっだ場合は借りられないのかな~って。友達と話していて気になってしまいました。それでちょっと調べてみました。
そうしたら、こういうのってクレジットカードで支払えない場合に、そんなことがあるみたいです。海外だとクレジットカードがない場合、高額なデポジットを預かったりするし、最悪貸さないこともあるようです。

レンタカーってレンタル代を支払えば終わりってわけじゃなく、事故とか大きな負担が後から発生する可能性もあるからなんだそうです。

例えば、事故を起こしたら、免責額とノンオペレーションチャージとで7~30万くらい請求されるみたい。業者や車種でも違うんだろうけど、一度事故を起こすと数十万円請求されることもあるとか。
ちなみに、追加料金になるけどオプションで免責額とかノンオペレーションチャージを免除するっていうのもあるようです。

法令や規約違反とかで対処したりすると相手方への賠償、車の修理代、逸失利益まで請求されるなんてケースもままあるとか。

あと渋滞で返却時間に遅れた場合は、当然オーバーした分の料金賃料は支払わなければなりませんし、満タンで返却すべきところを給油せずに返したら、ガソリン代とレンタカー会社のスタッフが給油しにいく手間賃も当然、請求されます。

私が調べた範囲では、ニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルの場合、

クレジットカードで支払いする場合、クレジット会社が身元の証明、一定範囲内の費用の支払い保証をするため、免許証だけで出発はできるとのことです。

ただし、免許証の住所って変更する場合、警察署とかで手続きしない限り、以前の住所のままですよね。そのため、きちんと連絡が取れなければならないので、住民票などの正しい住所を確認する必要があるので、追加書類を提示するというシステムだそうです。

有効な補助書類は、パスポート、健康保険証
、住民基本台帳カード、住民票、印鑑証明書(ともに2ヶ月以内に発行されたもの)、公共料金などのや受領書です。このうちのどれかなら間違いないです。

って感じで、かなり勉強になりました。