ずっとコンプレックスだった

長年、コンプレックスを抱えていると、つい依怙地になりがち。。。それに、そのコンプレックスを感じていることから、その先にあることにまで消極的になってしまいます。

高校時代から、包茎だってことでつい卑屈になっていました。中学生のころは、とくに他人と比べることもなかったので、全然気にしていなかったんですけど、高校に入ってからの修学旅行で、お風呂に入ったときに、ほとんどの友人は皮がむけていたんです。でも、僕は包茎のままでした。そのときは、そのうちの自分のみんなと同じようになるんだろうとって楽観視していました。けど、それから少したって、それは違うってことに気づいたんです。友人の話を聞くと、だいたいみんな中学の終わりくらい、早い人だともっと早い時期に皮がむけていたそうです。それを聞いた時は、ショックでした。たしかにもしかしたら自分は包茎かもしれないと思ったんですけど、そんな現実を目の当たりにした僕は、相当傷つきました。そして、なによりも自分は包茎なんだというコンプレックスを抱くようになったんです。包茎であることで、いちばん恥ずかしいのは、温泉とかに行くこと。それとやっぱり女性に対して、積極的になれないんですよね。彼女ができそうになっても、どこかで女性を避けるような行動を取ったりしてしまうんです。コレじゃだめだった思っていたんですけど、なかなか克服できずにいました。仮に女性と付き合うようになったとしても、いつかはその女性に包茎であることがバレると思うと。。。つい。もしかしたら、包茎に対して理解のある人かもしれないけど。。それもわかりません。反対に包茎を嫌がる人かもしれないじゃないですか。そのときはかなりのダメージを受けるのではないかと。そんなゴールの見えない思いに駆られて、結局、女性とつき合うことからを敬遠していたんです。

でも、いつまでもこのままではいけないと思い、どこかで変わらなくてはッて思うようになり、とうとう包茎手術を受けたんです。
こちらで【ABCクリニック CSカット

ある程度の費用もかかったけど、今は、手術をしてよかったと思っています。